FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

WEBマーケティングについてツラツラと書いていきます。

【ワカツイ(若者追跡)】今どきのアイドルの違いがわからない人へ。これを読んだらわかるようになります。

ワカツイ【若追】 市場

どうも、fkdです。

若者の流行追跡、略してワカツイ、早くも第2回です。

今回の内容、少し狂気じみてますが笑、結構まじめに書いてて、アイドルがわからないとお悩みの方には絶対面白いはずなのでお付き合いください。

今回は「最近のアイドルの違い」をとりあげます。

若者についていけなくなる最たる原因の一つだと思いますが、

  • 今のアイドルで何が流行っているのかわからない
  • そもそもアイドルの違いがさっぱりわからない

という悩みを今回解決してみます。

おじさん、おばさんになってくると、ちゃんとした理由もなくアイドルの批判したくなるんですよね。僕もそうでした。

でも、なんか何も知らないのに批判するのってカッコ悪くないですか?

というわけで、歴史とか、誰推しとかそういう話ではなく、色々なアイドルの「楽曲」や「スタイル」を先入観を捨てて聞いたり調べてみての、アイドルの違いやインサイトを研究してみました。

ここ1週間電車通勤の時、色々なアイドルのプロモをガン見し、記事を読み漁ってたので周りから見たらただの変態だったでしょう。。

しかし、きちんと調べてみると、アイドルって面白いです。その面白さが少しでも伝わると嬉しいです。では前置きはこれくらいで、どうぞ。

#ちなみにアイドル愛好家にいわせると薄っぺらくてところどころ間違っているのでしょうが、アイドル初心者おじさん解釈なのでご容赦ください。

#モモクロ(モノノフ)は特異的なので除外。それをいったら全部特異的かもしれませんが。。

まず女の子アイドルの代表、AKB48乃木坂46欅坂46をまとめます。

素晴らしいアイドルは山ほどいますが、まず最低限必要なAKBと坂シリーズの乃木坂、欅坂の違いを理解しましょう。

まだまだ人気はあるであろう「AKB48」はなんとなくわかる方が多いと思いますが、もはやAKB48を上回る人気となった「乃木坂46」と「欅坂46」について簡単にまとめます。

とにかく誤解が多いのが乃木坂、欅坂は「AKBとほぼ同じ」「AKBから派生した」という思い込み。全然違います。カニとエビくらい違います。

批判を恐れずざっくりまとめると、

  • 陰のイメージをもつのが乃木坂。
  • 陽のイメージをもつのが欅坂。

乃木坂はAKBの影として描かれてきた苦労派で、紆余曲折経てここまでの地位を築くのに5年以上頑張ってきました。

欅坂はサイレントマジョリティー1発で乃木坂の地位を脅かすレベルに成長。平手さんの存在感も際立ってます。

みんな全然違う性質をもっているのでAKB含めつつ、噛み砕いてまとめてみます。

  • AKBは、みんなの身近なアイドル。元気を与えてくれる存在。
  • 乃木坂は、文化的。おしとやかに、歌の中で特定の誰か一人に語りかけているような、心の底を語ってくれる存在。
  • 欅坂は、みんなの代弁者。ただ元気がいいだけじゃなくて、不満と戦い、勇気を与えてくれる存在。

それぞれの世界観を一生懸命表現していて、クオリティも恐ろしく高いです。

また、上記のとおりAKB、乃木坂、欅坂の歌にそれぞれ共感するポイントが違うので、高校生・大学生の中でも派閥が分かれているみたいです。(秋元康マーケティングなのでしょうが)

このファッション比較記事、かなり的を射ててわかりやすいです。

乃木坂や欅坂系女子がモテる訳 AKBとの違いは - エキサイトニュース(1/3)

乃木坂と欅坂の動画貼り付けておきますので、1度見てください。
(乃木坂は制服のマネキンと迷うところですがこっちのほうが乃木坂っぽい)

ちなみに、欅坂の代表曲サイレントマジョリティーの振り付けはマドンナのPVにも出ている「上野隆博さん」がやっていて、すさまじくかっこいいです。。

他のアイドルも面白い!

どんどん新しいアイドルも出てきていて、たしかに調べて見るとどれもクオリティ高いっす。。

「アイドル戦国時代」と言われている昨今、確かにあまりにもアイドルが多すぎて全体像がわからないのですが、気になったいくつかを紹介します。

東京女子流→芸術系アイドル、おしゃれ。

これ、うちの会社提携クレジットカード出していて、何やってんだうちの会社。。と思ってたんですが、面白いアイドルでした。

東京女子流 VISAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

このプロモご覧になるとなんとなくわかると思いますが、ほんと芸能性が高くて、全然違う路線で勝負してますよね。

コマの使い方が特徴的で、動きが面白いです。それでいて細かい背景まで作りこまれているから見ていて心地いい。田所貴司監督っぽい仕上がり。

はじめの方は可愛らしいだけって感じだったのですが、最近出された「Liar」って曲を聴くとガチで歌勝負にいっているようで、アイドルというかガールズポップグループ寄りに変化してきてるんでしょうね。

※すいません「Liar」全然最近じゃなかったですね。

夢みるアドレセンス→憧れ系アイドル。都会のノリ。

少し前、メンバーの一人がやらかして話題になっていた、売れっ子ティーンズモデル出身のアイドルユニット。

さすがモデル出身だけあって、スタイルが抜群にいいです。

このファンタスティックパレードをはじめとして、かわいくてノリもよく、ファッションもかなり可愛いので、いかにも憧れちゃって真似したくなりそうな作品ですよね。

とにかくノリがいいし、都会の高校生・大学生は好きでしょうね。地方ではうけなそうな感じ。。

明らかに絶対にメンバー全員に裏がありそうな、ギスギス感もいいですよね。笑

フィロソフィーのダンス→抜群の音楽性。

これグループ名?とびっくりしますが、楽曲と歌唱力のクオリティが飛びぬけています。

なんかあまりにも楽曲が僕好みだったので調べてみたら、加茂啓太郎さんプロデュースでした。ナンバガ、BBB、フジファブ、相対性理論とか言ったらおわかりいただけますかね。(なんかプロモの中身が違和感あるんですが、楽曲のよさにアイドル性が負けないようしたんでしょうね。)

「アイドル」というカテゴリに入れるのがはばかれる程のクオリティ。かわいい子達がまじめにいい曲を歌うというのがコンセプトみたいで、今後もチェックしようと思ってます。

twitterはてブの意見みると、フィロのスはそもそもアイドルってカテゴリじゃないという意見も多いですね。勉強勉強・・・。

ほかにもたくさんいすぎて・・・。

私立恵比寿中学、バンドじゃないもん!、BiSH、生ハムと焼うどんなど、なにやら名前だけでもすごそうなアイドルも紹介したいですが、もう疲れてきたのでこの辺でやめます。笑

とにかく、「いまどきのアイドルなんてバカ野郎この野郎」なんて知りもせず毛嫌いしていた自分、もったいないと思いました。BiSHの「オーケストラ」って曲はまじかっこいいので、下手なバンドの曲聴くよりいいです。

「どのアイドルがすき?」でインサイトがわかる!?

とにかく、十人十色で、魅力がいっぱいです。マーケターとしてはこういった市場があることを知っておくことはマストでしょう。いまや、AKBが音楽の教科書に載っている時代なのですから。

若者はそれぞれ自分の好みのアイドルを見つけたり、みんなで夢アドをカラオケで歌ったり、アイドル使い分けの時代に入っています

そして、どのアイドルが好き?という質問ひとつで、その子がどんな好みなのかもわかります。

  • AKB→ミーハー。大衆主義。みんなで仲良くするのがすき。
  • 乃木坂→文化的、内向的。もやもやを抱えがち。
  • 欅坂→元気。内なる衝動あり。ちょっと斜に構えている。
  • 東京女子流→本格派。こだわりがある。
  • 夢アド→都会派。プライド高い。
  • フィロのスー→音楽好き。新し物好き。
  • エビ中→エンターテイナー。お笑い好き。

などなど・・・。あくまで私的見解で人それぞれでしょうが、そんなに大きくは外れてないと思います。

さて、いかがだったでしょうか。みなさんのアイドル敬遠が少しでもなくなり、若者への恐怖心が少しでも和らいだらうれしいです。

それでは、んちゃ。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
にほんブログ村