FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

WEBマーケティングについてツラツラと書いていきます。

『家族関係の超回復』の話。

どうも、fkdです。今回も少し育児の話をさせてください。

うなされる長女。

つい昨日、4歳の長女が寝ている時うなされていて、寝言で『食べないって言ってるでしょ!』と怒っていた。怒る時まで食べ物かよ、と思いつつ、おそらくストレス発散をしたり頭の整理を無意識にしているのだと思う。

なんかハッとしたというか、切なくなってしまい、寝れなくなってしまった。きっと、凄く我慢しているんだなぁ、と。

次女が産まれてから2週間、長女にとってストレスフルな日々。

僕や奥さんにとっては、はじめての複数子育て。長女にとっては、はじめてのお姉ちゃん経験と、はじめての赤ちゃんとの生活。

産まれたばかりの赤ん坊は本当に弱い存在だから、長女にはきちんと教えないといけない。長女が踏みそうになったらきつく叱ったり、寝ている横でうるさくしたら静かにしろって言ったり、だっこして欲しい時にしてあげられなかったり。

お互いはじめてなので仕方ないかもしれないが、きつく叱ったことも多い。長女にとってはわからないことだらけだし、めちゃくちゃ怒られるし、やりたいことはできないし、本当にストレスフルな日々であると思う。

しかしながら、長女は本当に次女が好き。

これだけストレスフルでも、長女は異常なくらい次女が好きみたいだ。そこに、自分のポジションが奪われたやっかみは一切ない。

泣いたらいつもいい子いい子や抱っこやぎゅーをしてくれるし、おむつだって拙い手で替えようとしてくれるし、積極的に子育てに参加してくれる。

これって、なかなか出来ない事なんじゃないかなぁと。我が娘ながら、長女は本当に優しい子だと思う。余計泣ける。

長女に、ごめんねと、大好きだよと、伝えなければ。

一方、長女には、まだまだ教えてあげなければいけないことはたくさんある。本当にだめなことはきつく言わなければ、次女の生命の危機になることだってある。親としては言わざるを得ない。

しかし、小さな体でたくさん我慢し、寝言で発散させるようなことはあまりさせたくは無い。我慢の結果、大好きな次女のことを嫌いになっても欲しくない。

そこで、長女には今日、改めてしっかり伝えようと思う。ごめんね、と、大好きだよ、と。

家族関係の超回復

超回復

運動後、筋肉に24~48時間程度の休息をあたえると、運動をする前よりもエネルギーを増加させる、つまり前より強い筋肉を作る仕組みのことだ。ここで大事なのは、単純に休息しているだけでは超回復は起こらない。十分な栄養が必要な点。

これは、家族関係にも当てはまる。

怒られて凹んでいる心は、運動後の筋肉と同じだ。休息を与えずにさらに負荷を与えれば、傷んでいる心(筋肉)は治ることなく更に痛めつけられ、いずれ壊れてしまう。心を壊してしまえば、家族関係も壊れてしまう。

しかし、十分な休息(説明や納得)と、栄養(愛情)を与えれば、心は以前にも増して強くなる。必ず家族は、その分強くなる。

ごめんね、大好きだよ。それは、休息と、愛情のことば。長女にも、超回復ができる余裕を与えなければならない。基本的なことだけど、余裕がなくて出来ていなかった。申し訳ない。

強固な家族を作る機会。

しかしながら、次女が生まれたことによって『間違いなくより強固な家族を作れる』と確信できたエピソードであり、少し嬉しくもある僕であった。

だって、超回復には、一度筋肉を痛みつける必要があるから。そして、こんなに優しくて強い負荷のかけ方は存在しないのだから。

それでは、んちゃ。

サッカー監督シメオネ氏に学ぶ『極上の批判の浴び方』

シメオネ氏、テラカッコヨス

どうも、fkdです。

スペインサッカーリーグのリーガ・エスパニョーラの強豪・アトレティコ・マドリード監督、シメオネ氏が話した言葉が非常に素晴らしいので、今回はこれをネタに書きます。

シメオネ 「匿名であるより、何でもない状況にいるよりも批判を浴びたい」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

まずはシメオネ氏のご紹介を軽く。

海外サッカー好きなら知らない人の方が少ないと思いますが、知らない方もたくさん居られると思うので軽くメモ。
f:id:FKD:20171117172918j:image

上記Yahooの記事よりお借りしています。

シメオネ氏は闘志とバイタリティ溢れるプレースタイルで活躍した選手でした。アトレティコ・マドリードでの活躍が長いようですが、個人的にはインテルラツィオといったセリエA時代のイメージが強いです。

監督になってからしばらくはアルゼンチン等のクラブを率いたあと、2011年よりアトレティコ・マドリードの監督となります。

戦術と選手掌握術に優れているため、監督初年度から数々のコンペティションを勝ち抜き、クラブにタイトルをもたらす名将となりました。ワイルドで整ったルックスで絶大な人気を得ている人物です。

ピンチを、逆境を楽しむチャンスを与えてくれたと変換。

さて、本題。

シメオネ氏率いるアトレティコ・マドリードは、世界一のコンペティションであるチャンピオンズリーグの、今期のグループステージでかなりの不振。下手すると予選リーグ敗退となってしまう状態に追い込まれています。

そんな中シメオネ氏は、会見にてこう語りました。

「チャンピオンズについて、結果という点では良い形でスタートを切れなかった。しかし、ファンタスティックでもある。最高のチームの一つであることを望む集団の力強さ、反逆の精神を目にできるのだから。

(一部略)

成功しなければ味わえない『極上の批判やプレッシャー』 

 また、シメオネ氏はこうも語っています。

「これまでに収めてきた成功によって、この上ない結果を収めない限りは批判が生じるようになった。成長を続けたいならば、そうしたことと共存しなければならない。

つまり、成功しなければ生じなかった批判やプレッシャーというのは『成功者だけしか味わえない批判やプレッシャーである』ということ。

この考えは見事ですし、めちゃくちゃカッコイイですよね。。

簡単に整理すると…

チャンピオンズリーグの本線に出るためには激戦のリーグで上位をとる、もしくは別のヨーロッパリーグという激戦コンペを勝ち抜く必要があります。

さらに、チャンピオンズリーグのグループリーグに出ること自体凄いことなのに、アトレティコ・マドリードはグループリーグ突破が当たり前となっている。

つまり、いまシメオネ氏のアトレティコ・マドリードへ浴びせられている批判は、成功したものにしか味わえない『極上』の批判やプレッシャーなのです。

匿名じゃ味わえない、チャレンジしたものだけが味わえる『極上の批判』

次のコメントが一番好きなのですが、

「私は自分が匿名であるより、何でもない状況にいるよりも、批判を浴びることを選びたい」

これこれ。めちゃくちゃ格好よくないですか?

前、名前をもっと読んでほしいと思うべき、という記事を書いたのですが、上記スタンスに通ずる所があります。

もっと自分を売れ、自分を出せ、爪を出せ。爪を隠したままの鷹は、ただの鳥だ。 - FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

極上の批判を浴びるには。

自分の名のもとに、新しいこと、難易度が高いことにどんどんチャレンジすること。

そして、難易度が高いことも当たり前に成功できるレベルに到達しなければ、極上の批判は浴びれません。

たとえば、セミナーに登壇して批判されたとしても、それはセミナーに登壇した人しか味わえません。もちろん、失敗したら批判されますし、調子が悪い時はストレスで死にそうです。

ただ、極上の批判を浴びるということは、最高の舞台にいるということであり、そこから得られるものは計り知れないのです。

まあ、刺激なんて求めてないよって方も沢山いらっしゃいますし、はっきり言ってシメオネ氏や、それに共感する僕のような人間の方が少ないかも知れませんが…。笑

極上の批判やプレッシャーを受けられる、そしてそう解釈し言葉にするシメオネ氏、痺れます。こんな男になりたい。笑

それでは、んちゃ。

【宣伝会議サミット2017レポ】JapanTaxiに学ぶタクシー広告の進化とサービスプロモーションの心意気。

宣伝会議サミット2017参加レポート。

どうも、fkdです。

当ブログおなじみ、セミナーレポートです。今回は2017/11/15,16に開催された宣伝会議サミット2017です。

トップページ 宣伝会議サミット2017

全体的に顧客体験の最適化、ブランドを意識したプロモーション・マーケティングのセッションが大半を占めている気がしました。

少し前のインフルエンサーとかバズとかはほぼ無くなり、本質的なマーケティングのテーマっぽくなったのではないでしょうか。

その中でも面白かったのが、以下のセッション。

テクノロジーで変わる 新時代のタクシーと広告

JapanTaxi株式会社

取締役CMO 金 高恩 氏

今回はこちらをまとめます。

JapanTaxiの概要。

超概要ですが、少しご紹介。

JapanTaxiは、日本交通のデジタル部分を推進している子会社(JapanTaxi株式会社)で、JapanTaxiの事業は

  1. 乗車プラットフォーム
  2. 決済プラットフォーム
  3. 広告プラットフォーム

の三本柱がメイン。

全てで見事なデジタル推進をしており、どの話も興味深かったです。

特に印象に残ったのは『1.乗車プラットフォーム』をデジタルで促進する上での心構え部分と、『3.広告プラットフォーム』です。それぞれまとめます。

目に見えない選択肢を提供することが重要

まずは『1.乗車プラットフォーム』のプロモーションの話。僕達はタクシーを捕まえる時、

  • 手を上げて止める
  • タクシー乗り場に行く
  • 電話で呼ぶ

という三つしか思い浮かばないことが大半じゃないでしょうか。

そんな一般論に対し、『まだ知られていない選択肢があることを知らしめることこそが一番重要である』という心構えでマーケティングをしているのがJapanTaxi。

実際にGoogleMAPで経路を検索した時にさりげなく出てきたり、SiriやECHOと連携したりと、様々なタッチポイントで選択肢を提供しています。素晴らしい。

事業主は時として、サービスを訴求するのではなく『困った時、楽になる時、お得になる時などにサービスがあることを気づいてもらう』ということが一番大事なことであることを忘れがちです。

当たり前のようで忘れがちな視点を思い出させてもらい、非常に感銘を受けました。

タクシー広告にも注目。

あとは、『3.広告プラットフォーム』も非常に伸びているとのことでした。

タクシー広告にもデジタルサイネージが普及していて、JapanTaxiはフリークアウト社と合弁会社を作って広告配信システムを構築しており、高精度なプロモーションができているようです。

タクシー広告の特性としては、

  • 都内だけでも月間5,000万人が乗っており、ビジネスユーザーがかなり乗る。(想像よりめちゃくちゃ多い!)
  • 平均18分の乗車(山手線は平均11分。月間処分時間は9億分!)
  • 実際は昼間の乗車がほとんど(酔っ払いの印象があるがそんなに多くない!)
  • プライベート空間のため認知率や想起率がトレインチャンネルなどよりもかなり高くなる

などなど、意外とタクシー内の処分時間が多いのと、ターゲットがかなりピンポイントになるのと、閉鎖的が故に広告の注目度が高い点がポイントです。

フリークアウトと組んでいることでデジタル広告のノウハウも入り、単なる配信から細かいところにまで気が効いている動画配信になっているようでした。

また、プレタクというサービスでモニタリング×プロモーションをやっていたり、本当に可能性を感じまくります。これ、ほんとオシャレですよね。
f:id:FKD:20171116170025j:image

こちらから画像お借りしています。Twitter

興味が湧きまくりましたので、さっそくJapanTaxiの営業にアポ依頼しました。笑

みなさんもぜひ、タクシーに乗る際は広告に注目してみましょう。

マーケターとしてのスタンス。

最後に、別のセッションで言われていた言葉が印象に残ったので紹介して終わります。

『マーケターには二種類いる。

  1. 正攻法ですべての施策を組み立て、報告していく人。
  2. とりあえずやってみて、成功したものを声を大にして伝え、縦展開、横展開していく人。』

どちらがいいかという話ではないのですが、僕は紛れもなく後者。せっかくセミナーで楽しそうな情報をたくさん得たのであれば、早く試してみたくなっちゃいます。

また近々セミナーに参加する予定ですので、報告します。お楽しみに。

それでは、んちゃ。

【男性育休レポ】男性育休もマストにすべき三つの理由。

男性育休レポート&育休のススメ。

どうも、fkdです。

11月2日に二人目の子ども、次女 杏実ちゃんが産まれまして、はや2週間くらい経ちました。激動の日々で、もはや何日経ったのかが曖昧…。あらためてこんなに時間が経ったのかと驚きました。。

前のエントリーでもあるとおり、会社に育児休暇を頂きまして上の子、下の子の育児に専念しておりました。

今回、育児休暇を取ってみて思ったことが三つありましたので、まとめてみます。

  1. 育児の方が大変、仕事してる方が楽であることが再認識できる。
  2. 産まれて間もない新生児の沐浴とかミルクあげるのは本当に楽しい(幸せ)。
  3. 家族の絆が深まる(気がする)。
  •    おまけ:太らない。

それぞれについて書いてみます。どうぞどうぞ。

1.育児の方が大変、仕事してる方が楽であることが再認識できる。

新生児の育児って、まじで大変です。これを女性一人でやるのはほぼ無理だと思います。

  • ひっきりなしに泣く。基本3時間以上は寝れない。
  • 洗濯の量が何故か三倍くらいになる。
  • ご飯がなかなか作れない。トイレにもまともに行きにくい。(高頻度で泣いたり抱っこを要求されたりするから。)
  • 沐浴も何気に気を使う。準備も大変。
  • 上の子がいるとさらに大変。お世話は元より、初めは結構怒らないといけなかったり、ジェラシーでうまくコミュニケーションが取れなくなったり。

という感じ。他にも細かい大変なことは山盛りです。

自分のリズムなんて全く無いし、寝れないから疲れもストレスも溜まるし、体力もかなり使います。

はっきり言って自分のリズムで仕事をしている方が断然楽。これは育児休暇から復帰した初日に既に実感しました。

何気にこの1が男性が育児休暇を取るべき一番の理由なんじゃないかと思います。

「働いている方がきつい、偉い」なんて考え方は一切無くなりますよ。

2.産まれて間もない新生児の沐浴とかミルクあげるのは本当に楽しい(幸せ)。

これはやってみないとわからないと思います。口をもにゅもにゅさせながらミルクを飲む姿はたまりません。(完母だと男性は味わえないので混合など粉ミルクを使っている場合のみですが)

あとは、今にも壊れちゃいそうな新生児の沐浴は新生児育児の醍醐味なような気がします。優しく丁寧に洗ってあげるなんて、そこはかとなく愛しい行為だと思いませんか?

もちろん、育児休暇なんてとらなくても沐浴もミルクあげもできるんですけど、産まれた直後にしてあげられるのはその時だけですし、産まれた直後は奥さんの体がまだしんどいタイミングなのでやってあげたほうがいいに決まってます。

3.家族の絆が深まる(気がする)。

産まれたあと、みんなの『知識』『意識』『リズム』が少し整うまでの間を家族全員で居るということは本当に大事だと思います。

一人目の時は奥さんが里帰り出産した後、1ヶ月間は奥さん実家で子育てだったのと、それに甘えて育児休暇をとらず、土日だけしか会いにいきませんでした。

そのため、自宅に帰ってきた奥さんとの赤ちゃんに対する意識、知識のレベル差があまりにも大き過ぎて寂しいのと、後ろめたいのとで、少し気持ち的にもきつかった記憶があります。もちろん一人だけ育児のリズムも無いですし。

今回は産まれた時からずっと一緒に入れたので、後ろめたさもないですし、スムーズに四人家族になれた気がします。

もちろん、実家に帰って旦那さんは仕事をすることを否定するわけではないです。

・おまけ:太らない。

余談ですが、育児休暇をすると太らないという話。冗談半分、本気半分。

前述の通り一人目の時は奥さんと1ヶ月間離れていたのですが、その間ご飯を作るのか面倒で不摂生しまくり、太りぐせがついてしまいました。その結果、産まれて数ヵ月後には+16キロという途方もない太り方をしてしまいました。。

さすがに奥さん、親に叱られダイエットに励み、今はMAX時より-20キロをかれこれ3年はキープしております。ダイエット本出せるんじゃないかという程の実績です。苦笑

不摂生する暇もないので、その点でも育児休暇はオススメです。笑

育児休暇はマストにすべき。

さて、あれこれ書いてきましたが、育児休暇は絶対に取得しないより取得したほうがいいです。

それは権利として休めるから、なんて本質的じゃない理由ではなくて、『取得して育児することから得られることが余りにも多いから』です。

考え方は人それぞれなので否定するつもりはさらさらないんですけど、今や1人1、2回しか味わえない少ないチャンスなわけですから、機会があるなら一生懸命活用すべきなんじゃないかなぁと思う次第です。

僕は育休終わりましたが、しばらく時差出勤で早朝出社、夕方退社にして育児シフトを引き続き実施しています。

それでは、んちゃ。

男が語る、出産立ち会い経験談レポート。それと、立会い出産のコツ。

陣痛連絡から出産までの、男性側からのリアルレポート。

2017年11月1日 21:00ごろ

実家に帰っている妻から、急にお腹の張りが強くなってきたと連絡あり。まだ来週かと思い油断していたが、家で出れる準備だけをしておく。

出産はだいたい早くて6時間はかかるので、連絡が来ても落ち着いて準備。早く行っても、暇になることを前の子の時に1度経験済みなのだ。

2017年11月1日 22:15ごろ

妻から15~10分感覚で、痛みも強くなってきたと連絡あり。いよいよ陣痛っぽいので、妻は病院へ向かっているらしい。ちょっとゆっくり準備してから、家を出て妻の病院に向かう。

普段は会社から帰り道の夜道を逆走して駅に行く。こんな感じで、いつもと違う風景に少し高鳴りを感じたりしがち。

2017年11月1日 22:28ごろ

中央線高尾行きの通勤特快に乗り、立川で青梅線に乗り換え病院に向かう。無事産まれてくれるか不安も折り混ざったりしがち。

電車で会社への連絡と、明日の仕事の引き継ぎを電話で完了させて準備万端。予め引き継ぎはしておいたのでなんとかなって安心。

2017年11月1日 23:10ごろ

病院の最寄りの駅に着いた。妻からまだ時間がかかりそうと連絡が来たので、出産後に欲しがりそうなフルーツでも探しながら病院に向かう。前の時はフルーツがめちゃ美味しかったと言っていた気がする。

2017年11月1日 23:30ごろ

病院に着く。上の子が起きていて、先に待っていて猛ダッシュで抱きついてきた、可愛すぎる。

妻は既に陣痛室。病室は配偶者しか入れないので様子を見に行くと、まだ余裕そう。陣痛感覚は10分くらいか。二度と無いかもしれない、出産前の雑談を楽しむ。

2017年11月2日00 :30ごろ

陣痛がかなり進んできたようで、お尻の方にも痛みが出てきたらしい(出産が進むと痛みは下半身に移る)。感覚も3分くらいと、意外と早く進んでそうだ。

隣の産婦さんの促進剤と闘う声がすごいので、一緒に手に汗握ってしまう。聞けば、もう12時間も闘っているらしい…がんばれ、隣の産婦さん。安い言葉しか思い浮かばないが、女性はすごいと、心から思いがち…。

2017年11月2日 01:00ごろ

結構早く陣痛が進んできていて、かなり痛そうにしている。そろそろ勝負開始か。ここら辺からテンションあがりがち。

あ、あと改めて思ったのだが「叫び声が怖いから外で待つね」「うるさいからちょっと静かにしたら?」とか言いそうな人は、立会い出産やめたほうがいい。人によっては嘔吐したりするくらい厳しいのだから、覚悟が絶対必要。

2017年11月2日 01:30ごろ

もう頭が降りてきたらしい。早すぎ。テニスボール骨盤押し発動。(病院によってはゴルフボールのところもあるらしい。)

2017年11月2日 02:00ごろ

分娩室に移る。痛みに耐える声も、そこそこの声になってきた。

テニスボール骨盤ぐりぐりは陣痛の度にマストで要求される。男の仕事はこれくらいだけど、何気に大事らしいので頑張る。

2017年11月2日 02:30ごろ

進みが良いので分娩台に移動。

頑張れしか言えないけどなんかとにかく頑張れと言う。声掛け、助産師さんがいうとこを繰り返すなど、少しでも助けになりそうなことをひたすら探してやる。

声は届いているのかわからないのが男側の不安なところだけど、絶対に力になっているはずなので頑張る。

2017年11月2日 03:18ごろ

頭が丸すぎて少し引っかかったけど、無事産まれた。丸すぎてマンホールのようになかなか取れなかったらしい。

産まれた瞬間の泣き声が可愛すぎる。神。嫁も神。一緒にちょっとは頑張れたしこの瞬間を味わえるのは最高。

立ち会うと嫁が女に見れなくなるとかいうけど、いつも逆に嫁ってなんてナイスなんだと改めて思う。

2017年11月2日 03:45ごろ

処置があるので1回退場し、待合室で待機。漏れ聞こえてくる我が子の泣き声がかわいすぎてたまらん。

お義母さんお義父さんも来てお祝い。ようやく一安心。少し経って、赤ちゃんとみんなで対面。

まとめ。男側の立会い出産、四つのポイント。

と、体験したことがない男性向けに、男から見た出産立会いレポートを作ってみましたがいかがでしょうか。

今回は経産婦ということもあり陣痛から6時間弱と大変スムーズな出産でした。しかしながら、出産は本当に十人十色です。

うちも一人目は破水が先に来たので促進剤を使い、なんだかんだで72時間かかりました。隣の産婦さんは促進剤を使うと痛みのレベルが違うので、上記の通り長時間、大変な苦しみに耐えていました。

ということて、あくまで一つの形ですが、ちょっと男側のメモをまとめます。

  1. 【前提】立会い出産はやるべき。出産は二人で頑張るべきだし、男性側のその後の意識も変わる。何より、あんな素晴らしい瞬間を逃すのはただただ勿体ない。妻が女に見えなくなることもまず無い、そんなことを思うやつはカス。ただ、最後まで一緒にいれる覚悟がないやつは、初めからやめるべき。
  2. 【準備】出産が近くなったら、立会う予定の人は毎日仕事の引き継ぎをしておくこと。本当にいつくるかわからない。
  3. 【陣痛】陣痛が来たと連絡があったからといって焦って出ない。どんなに早くても5~6時間はかかるし、その日は追い返されることもある。
  4. 【出産】奥さんと陣痛室にきたらリラックス。痛みがひどくなったら骨盤押しとか飲み物とかサポート。分娩室、分娩台にうつったらやれることは少ないが邪魔だけはしないように、横で声掛けとかする。

今日から育休です。

さて、ありがたい事に少しの期間ですが無事育休に入れましたので準備とか、子どもの受け入れとか、奥さんのサポートとか頑張ります。
f:id:FKD:20171106135411j:image

本当に小さいおてて。

またあの眠れない日々が始まり、なんだかんだで1年くらい続くのかと思うとゾッとしますが、新生児・乳児の子育ては最後かもしれないので精一杯楽しみたいと思います。

それでは、んちゃ。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
にほんブログ村