FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

WEBマーケティングについてツラツラと書いていきます。

『じゃんけんの手』を評価する。【評価シリーズ】

評価シリーズ、第二弾。

さあ、前回に引き続き、皆さんお楽しみ?の『評価シリーズ』第二弾です!

どの曜日が一番か、順位をつけてみる話【評価シリーズ】 - FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

なんと、今回は「じゃんけんの手」を評価します。じゃんけんの手の評価って何…?と思った皆さん。今まで、じゃんけん自体の評価はされてきたはずですが、じゃんけんの手、グー、チョキ、パーの一つ一つの評価はされてないはず。今回はそこにスポットを当てた評価なのです。

評価方法は「グー、チョキ、パー」それぞれのおすすめ具合を独断と偏見で点数付けし、栄えある「じゃんけんの手大賞」を決定します。

何かのおすすめかわからないおすすめ度は
★→1点
☆→0.5点
で表し、五点満点です。

『じゃんけんって、公平だから評価なんていらいないでしょ?』

そんなふざけたこと言う人には、チョキで目潰ししちゃうんだから!!!

じゃあいくよっ!じゃーーんけーーんポッ

グー

世界共通で石、ハンマーなどの硬めなものを表現している。チョキに勝ち、パーには残念ながら負ける。

興味深いのは、以下の統計。

最も多いのはグーで4054枚(35.0%)、次はパーで3849回(33.3%)、最も少ないのはチョキで、3664回(31.7%)と、かなりのバラツキが出た。

ジャンケンで勝つ確率を上げる簡単な方法 | ライフハッカー[日本版]

どうやら反射的に出す時に人は拳を握ってしまいがち、ということもあるようで、

『いやんっ!気がついたらまたグーを出してしまった!』

なんて人が多いのではないだろうか。

出した後に後悔することも多いはず。出したくもないのに出してしまう、魔性の手。それがグー。

まるで、ダメとはわかっていても反射的に手を出してしまう「特売のお菓子」のようだ。

という訳で、評価はあまり良くない。点数低いからって、グーパンチで殴らないでね。

おすすめ度:★★(2pt)

チョキ

こちらも世界共通で、ハサミ、釘といった尖ったものを表現している。クチバシ、なんて国もある。パーには圧勝、グーにはなす術なく負ける。

チョキって、見た目は一番いいよね。なんたって、ピースサインなんだぞ。

でも、パーは手を開くだけ、グーは手を握るだけなので、その点チョキは「お母さん指とお兄ちゃん指のみ伸ばして、お姉ちゃん指と赤ちゃん指はお父さん指で確保しておく」といった具合に、出す難易度が高い。

『チョキ出すぞっ!』と安西先生並の確固たる決意を持たないと、とてもじゃないがチョキなんて出せるわけがない。

チョキ、出すのが本当にキツイ…。スタイリッシュなのに…。これは、ピース(平和)がいかに難しいことなのかを、暗に示しているのではないだろうか?深い。深すぎる。

そんなチョキは、見た目も中身もいいのにどこかとっつきにくい「泉に落ちて出てきたジャイアンのようだ。

評価はかなり高めにせざるを得ない。

おすすめ度:★★★★☆(4.5pt)

パー

紙、布など包むものを表現している。これまた世界共通。グーにはギリ勝てる。チョキには瞬殺されてしまうよ。

よくよく考えてみると、パーは圧倒的に弱い。紙とか布だし。そして、『パー』って名前も、よくよく考えるとひどい。パーて。

しかし、包み込むという概念は、評価せざるを得ない。石、ハサミといった凶器(狂気)にに対し、包み込むという方法で戦いを挑むその姿、そのスタンスは称賛に値する。

チョキより、よっぽどピースサインなんじゃないだろうか?そのスタンスはまるで「孫子」のようだ。

評価は、やっぱり元々が弱いのがありつつ、スタンスによって評価を上げたので、中間程度となった。

おすすめ度:★★★☆(3.5pt)

栄えある「じゃんけんの手大賞」に選ばれたのは・・・

『チョキ』

でした!おめでとうございます!!

まさかチョキが大賞なんて、誰が予想したでしょうか。いや、そもそも誰も予想してないよね…。

つか、じゃんけんの手を評価したこと自体、もっと評価されるべき。俺。

というわけで、次回の評価シリーズもお楽しみに!!

それでは、んちゃ。

どの曜日が一番か、順位をつけてみる話【評価シリーズ】

勝手になんでも評価をする、評価シリーズ。

さて、最近若干真面目っぽいマーケティングの内容が多くて真面目疲れしたので、笑 ちょっと違う内容を書いてみます。

今回から『評価シリーズ』なる企画をはじめます。世の中のなんでもいいから、勝手になんでも評価をするというどうでもいい企画。

第1回は、『どの曜日が一番か』という誰も得しない順位をつけてみたいと思います。

といっても、僕の一週間を語ったつまらない日記を書くのではなく、一週間を曜日ごとに評価し、各曜日ごとに評価をつけて行き、栄えある曜日大賞を選出していこうじゃないか、という素晴らしい企画です。

決定してなんになるんだ?という問いは禁止です。

なお、お勧め度は

★→1点

☆→0.5点

で表し、五点満点です。何のお勧めなんだ?という問いは禁止です。

それでは、お楽しみください!!

月曜日

週初めでブルーマンデーとも呼ばれるほど、世の中の人を憂鬱にさせる魔の曜日である。

しかしハッピーマンデーなんつーのが導入され、月曜日の地位は格段に上昇した。

といっても、ハッピーマンデーは年にたったの数日だけである。やはり月曜日の憂鬱をカバーするまでにはいかないだろう。

今週もがんばるか!!なんて健やかに思える人は滅多におらず、一週間の中の月曜日の存在は娘に煙たがれる親父のそれを彷彿とさせる

床屋もそんな月曜日には休みになる。

おすすめ度:☆(0.5pt)

火曜日

ハッピーマンデー導入のあおりをうけ、週初めになる回数が増えてしまった火曜日。
しかし、意外と火曜日は悪い印象を持っていない。

というか、むしろ存在感がないような気がする

アメリカでは選挙の投票日を火曜日に設定しているのでかなり火曜日の地位は高いと思うが、それはアメリカの話。

火という文字からは想像できないような大人しい曜日、それが日本の火曜日なのである。
その姿はまるで、ハンバーグの付け合せにのっているパセリのようだ。

おすすめ度:★★(2pt)

水曜日

ちょうど曜日の中間地点にいる水曜日。水曜日は非常に評価が難しい。

週の中間なので学生や社会人は「土曜までまだあと三日もあるよ~」という
”先はまだ長いぜ的感覚”に襲われてしまう。

そして疲れがどーっと出るのである。学生、社会人にとってはとても嫌な曜日である。

一方で、土日が稼ぎ時である商店では、週の間の水曜日を休みとする店が多い。まさに憩いの水曜日となる。

そして、CDの発売日に指定するにちょうどよい曜日でもある。これは、CDを月曜日に工場から出荷させ、火曜日に店頭に並ばせれば、オリコンの集計上6日分の売上が計上され、上位に行くことができるためである。

店舗経営者、業者にとっては水曜は欠かすことの出来ない重要な曜日なのである。

以上の点から踏まえて、水曜は中間の評価とした。

かなりの存在感を持ち、好きな人は好きだが嫌いな人は嫌い、というパクチーのような存在だろう。

おすすめ度:★★★(3pt)

木曜日

週の終盤のさしかかりに位置する木曜日。火曜日ほどではないが、あまり存在感がないような気がする。

それは、”金曜日のための布石”のような印象を持たれているからではないだろうか?

あぁ今日と金曜日さえ頑張れば休めるんだ、今日頑張れば明日は仕事終わりに一杯引っ掛けられる・・・といった具合である。

つまり、木曜の評価を支えているのは金曜日であって、木曜はそれ自身ではさして意味をもたぬ曜日ではないか、と考えられるからである。

木曜日は単独では評価しがたいものがある。ここは金曜日の影響も考慮してやや高評価にしたいと思う。

そんな木曜日は、まるで毎回ピンチになるのにジャムおじさんの力を借りてなんとかバイキンマンに勝利し続けるアンパンマンのようだ。

おすすめ度:★★★☆(3.5pt)

金曜日

名前の通り、キラキラ輝く金曜日。

花の金曜日、Thank God It's Friday.という言葉からもわかるとおり、社会人や公立の学生は、まさに今にも脱皮しそうなサナギの気分で金曜を迎える。金曜の放課後から日曜にかけて、折りたたんでいた羽を大きく広げて別世界へ飛び立つ。

店舗も大忙しで、稼ぎ時である。特に居酒屋は金曜日が勝負である。

日本は金曜を中心に回っているといっても過言ではない。プレミアムフライデーなんてのも、全然盛り上がってないけどできた。

もちろん評価はかなり高い。金曜の存在はまるで夢の世界のディズニーリゾートのよう。

ただし、あえて難点を挙げるとすれば土曜日は小売や飲食が休みではないことと、13日の金曜日のせいで金曜日には少し悪印象があることだろう。

それでも金曜日の評価は揺るがない。

おすすめ度:★★★★☆(4.5pt)

土曜日

週休二日制の効果でかなり評価を上げた土曜日。

僕自身は週休一日のときも土曜は大好きだった。というのも、僕の通った学校には、土曜には給食がないかわりに「土曜牛乳」なるものがあって、それが非日常な感じがしてとても好きだったからだ。

そして、土曜の午後から休みだという開放感も手伝ってか、土曜は僕にとってのヒーローだった。

なぜか、土曜をタイトルにした作品は数多く、かっこいい印象もある。

  • 「SATURDAY NIGHT FEVER」(1977年、米国)
  • 「土曜日の恋人」(歌・作詞・作曲:山下達郎
  • 「もうひとつの土曜日」(歌・作詞・作曲:浜田省吾
  • 「俺達には土曜日しかない」(歌:氣志團
  • 「SATURDAY NIGHT」(Blankey Jet City
  • 等々。

ユダヤ教でも土曜日は安息日だし、土曜という名前からも安心感が得られる。さらに次の日の日曜日の存在も手伝ってか、羽を大いに延ばして楽しめるという長所もある。

そんな土曜日は、まるで僕らをやさしく包み込んでくれる家族のよう。

私立の学生にとっても、文句なしの曜日であろう。

弱点がなく、強豪・金曜日よりも高い最高評価となった。

おすすめ度:★★★★★(5pt)

日曜日

基本的には日曜日は休日のところが多く、疲れた体を休められる貴重な曜日。

一見かなりよさそうだが、日曜の夕方から襲ってくる"明日から仕事だ症候群"が実に厄介。

これは後に控える月曜日の影響だ。とにかく月曜は悪魔の曜日である。

そのせいか、日曜を題材とした作品にはネガティブで怖いものが多かったりする。

しかし、それでもやはり休日である日曜の評価は高い。

その姿はまるで、すぐに溶けてしまうがひと時の幸せを与えてくれるアイスクリームのようだ。

おすすめ度:★★★☆(3.5pt)

というわけで、一週間大賞は・・・・・・・

『土曜日』

に決定いたしました!!おめでとうございます☆

いやー、意外な結果でしたか?それとも予想通りでしたか?

それとも、予想なんかはじめっからする気がなかったですか?

なんにせよ、思ったより長かったですね!(笑)

この評価シリーズ、またやってみたいと思います。お楽しみに!

それでは、んちゃ。

SEOにおける検索順位ごとのクリック率データを公開してみる。

SEOのシミュレーションに必要な、クリック率。

僕は予算をもらってSEO・コンテンツマーケティング・その他WEBプロモーションを推進する立場にいますが、施策実施にあたり必要となるのが『効果のシミュレーション』。

特にSEOは効果に直結しやすいのでシミュレーションの精度が求められるのですが、シミュレーションに必要になるのが「検索順位ごとのクリック率」。

海外が出しているクリック率のソースはあるのですか、データも古く、日本と海外は性質も文化も異なるので全然参考にならない…。

検索順位ごとの推定クリック率を出してみました。

というわけで今回は、私の経験と、自社のデータと、世の中のクリック率データを元に検索順位のクリック率を出してみましたので、ぜひ参考にしてください。

これ、敵に塩を送るのかもしれないんですが、検索マーケティングが発展するためには必要だと思ってます。だって、よくわからないソースを活用しているのなんて、マーケターとしてイマイチだと思いませんか?

そして、別にこのデータGoogleのツールで誰もが見られる一般的な数値をまとめただけなのですが、怒られそうになったら非公開にしますのでご注意。笑

 

《諸注意》

※今回のうちのデータは、ブランド名とナビゲーションサーチを排除したデータです。

※後述の特性がありますので、お使いの際は気をつけてください。

※使う際はご一報いただきたいのと、出典を必ず載せて貰えると嬉しいです。

検索結果ごとのクリック率はこちら。

さて、早速公開します。

いろいろなデータを基に出してみましたよ。

順位

①当社一般語※1

②他平均※2

③Net

Booster ※3

①②③+経験からの想定

1位 18.4% 29.9% 19.4% 20.0%
2位 9.3% 13.1% 15.1% 12.0%
3位 6.5% 9.3% 11.5% 7.0%
4位 4.6% 6.5% 8.9% 5.0%
5位 2.7% 4.9% 7.2% 3.0%
6位 2.6% 3.7% 5.9% 2.5%
7位 2.0% 4.6% 2.0%
8位 1.7% 3.9% 2.0%
9位 1.6% 3.4% 2.0%
10位 2.1% 2.8% 2.0%

※1 サーチコンソールよりブランド系やナビゲーションサーチのクエリを除いた2,000キーワードくらいの平均。(2017/2,3,4のデータ)

※2 他データ平均は、以下の記事の参照元すべての数字を平均化したもの。2014年までのデータ。
グーグル検索結果の順位別クリック率2014年版 + ページランク正式終了!? のお知らせ など10+4記事 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

※3 NetBooster公開データ(2014)より。
Googleウェブマスターツールの検索クエリのデータ参考、対象キーワード数:120万、対象ブランド54、ブランド検索を除いた一般的なキーワードだけが対象とのこと。
検索順位別クリック率(CTR)と年代別推移まとめ

 データを作ってみた所感。

このデータを作ってみようと思った経緯は、「いま市場に出ているクリック率のデータは高めの数字なのではないか?」という感覚からでした。

シミュレーションしてみても、実際それ通り流入が増えた経験が無かったのです。

そして、データを出してみたら、実際そうでした。

ブランド名を除いたとしてもいわゆる指名買いに近い「ナビゲーションサーチ」が含まれると、急にクリック率が高まったりします。これ、市場のデータって抜いてあるのでしょうか??

いわゆる情報を探している「インフォメーションサーチ」の場合、思ったより1位になっても押されないし、5位以下の減衰率は高いです。

ちなみに、④の想定値は、うちのデータが低いので少しうわブレ補正をかけた数字です。しかし、②③に寄せるほどでは無いので、あくまで自社のデータをベースに少し上げた程度です。そこそこ精度高いと思います。

ブランドやクエリによって全然変わることに注意。

一部繰り返しになりますが、あくまでこのデータは、

  • 個人向けのリード系商材
  • 比較が必要な場合がある
  • そこそこブランドネームが浸透している
  • ブランド名やナビゲーションサーチは含まない
  • 検索結果画面の見た目(title,metaを直す、リッチスニペットなどの改善余地はもちろん有)

といったような、うちの会社のマイナスバイアスがかかっていたり、市場のデータよりインフォメーションサーチに特化したデータなことにはくれぐれも注意してください。

トランザクションサーチ」と呼ばれる商品を選ぶクエリ、寡占的な商品のクエリ、BtoBなどはもう少し高めに推移するはずです。

上記数字は、あくまで、一般語かつインフォメーションサーチの参考としては生かせると思います。

是非ご活用ください。

こちらのデータ、結構使えると思うので、ぜひご活用いただければと思います。前述の通り、出典とかは書いたり一報くれると嬉しいです。

ちなみに、このデータを元にシミュレーションが失敗して、採算が合わなくても一切責任は取りませんよっ!!笑

それでは、んちゃ。

7月11日 GinzaMetrics主催セミナーに登壇しますので宣伝。

僭越ながら、登壇させていただきます!

SEOのステキツール、Ginza Metricsユーザーなのですが、御縁ありましてGinzaさんのセミナーに登壇させていただくことになりました。

----------

GinzaMetrics SEO Driven Conference Tokyo 2017 Summer | 7月11日(火)開催(無料)

三井住友カード様、ネイルブックのスピカ様登壇決定 | GinzaMetrics SEO Driven Conference Tokyo 2017 Summer | 7月11日(火)開催(無料) | SEOツール GinzaMetrics

----------

転職後の目標の一つ、そして今年の目標に掲げていたので、非常に嬉しい&ありがたいです。

せっかくなので僕にしか話せない面白い話をしようと思います。

テーマは…

今回は、

  • 事業主でコンテンツマーケティングをはじめたいと思ってもなかなかできない方
  • もしくはなかなか軌道に乗らない方

向けて、かなりリアルでギリギリ出せるくらい具体的な事例を話そうと思っています。

世の中、コンテンツマーケティングという言葉がバズワードとなっていて、色々な会社がサービス提供しています。

しかし、クオリティの差はあれど、どこでやるのかはハッキリ言って全く関係なく、事業主としてどこまで社内の下準備を出来ているか、マネージャーにどこまで覚悟を追わせるかが全てだったりします。

その辺を、数値や立ち回り方を含めてご紹介する予定です。

ぜひいらしてください~。

また、一緒に登壇するスピカさんは先進的かつ圧倒的なクオリティのコンテンツマーケティング施策を成功させています。

僕の話は規模的には小粒ですが、全然毛色が違う話なのでどの会社規模の方にも楽しんでいただける内容になるはずです!

ご都合合う方は、ぜひ気軽にお越しください!

登録はこちらから。笑

7月11日(火)GinzaMetrics SEO Driven Conference Tokyo 2017 Summer

全然資料作ってないので、頑張ります。苦笑

#すいませんが晴れの機会なので、毎回の投稿のフッターに載せてください。

それでは、んちゃ。

【若ツイ】若者に流行りの『お洒落バンド』がわかるようになる記事(CHAI,スカート,Yehyelなど)

あまりにもいいバンドがありすぎて、第二弾〈おしゃれバンド特集〉。

前回の若ツイでご紹介した最近流行りのバンド。調べれば調べるほどセンス溢れるバンドがどんどん出てきまして、今回は第二弾です。

第1弾はこちらから。

【若ツイ】最近流行りのバンドがわかるようになる記事(peggies,yonige,フレデリック,ポルカ,やばTなど) - FKDのWEBマーケティングをツラツラ(マケツラ)

前回はいわゆるバンバンドしているのを集めたのですが、今回はより趣向が個性的なお洒落なバンドを集めてみました。

本当はもっと紹介したいのですが、深刻な長さになるので渋々その中でもオススメの6組に絞りました。

  • CHAI
  • スカート
  • Yehyal
  • sumika
  • パノラマパマナタウン
  • ぼくのりりっくぼうよみ(※ラッパー)
  • (次点:Mrs. GREEN APPLE、雨のパレード、MOSHIMOなどなど…。)

ここ最近はずっと流行りっぽいバンドを聞いているのですが、昔に比べ趣向がバラバラ、かつテクニックがあり、「いわゆる邦楽バンド」が少なくなっている印象です。

それでは、どうぞ。(次点は紹介してないので興味あったら聴いてください)

CHAI/sayonara complex

浮遊感溢れる独創的な音楽と声。抜けきった感じがなんとも気持ちよく、センスの塊のような名古屋出身女性4人組バンドです。

www.youtube.com

『NEOかわいいガールズバンド』というコンセプトをかがけている不思議なバンドで、その根底にあるのは「ガールズバンドが可愛いだけで売れるのは許せない」という根暗な根底があるらしいです。

こういったらお互いに失礼かもしれませんが恐れずに言うと、確かに対極にいるスキャンダルのようなバンドに比べるとルックスは劣りますが、音楽のクオリティやこだわりは比較にならないです。僕はCHAIの方が断然好きです。

既にヴィレヴァンとかにも目をつけられていて、グッズもかわいい!バンドというか、マスコットとしてもかわいい存在。ウェブサイトのクオリティもやばいです。

CHAI - Official Website

ガールズバンド筆頭のクオリティを奏でるCHAI、ほんとオススメです。やばい。

スカート/CALL

くるりはっぴいえんど+フジファブ+永積さんって感じの、いかにも僕好みなバンドです。

声も、メロディーも、編曲も、めちゃくちゃ好きです。エンドレスで聴いてられる。

www.youtube.com

バンドとはいっても、超実力派の澤部さんソロ+サポートという構成。かつ2006年から活動していて、色々なバントの音源やサポートで参加しています。

最近色々なメディアに出始めてきていて、注目が集まるようになりました。見た目もかなりフクヨカなので、目立つんですよね。笑

スカートは、若ツイ作っててほんと巡り会えて良かったと思えるバンドです。

Yehyal/Once

ヤイエル、と読む2015年3月に3人で結成されたバンドです。

初めて聞いた時、え、これ洋楽じゃないの??とびっくりしましたが、日本人バンドなんですよね。 

www.youtube.com

正確に言うと、ルーツが外国にある日本人が組んでいるバンドのようです。なので言語の壁すらありません。

  • 日本人という枠をとっぱらい、
  • 説明をとっぱらい、
  • 徹底的に理詰めで、
  • 今流行りの単純におしゃれで無駄にポジティブな音楽に皮肉と疑問を投げかける、
  • ポストロックでオルタナバンドです。

とにかく圧倒的な先進性で、新しい形はここにあると言わざるを得ません。ジャンルも、どこに置いたらいいのか全然わからん。

ある人はYMOの再来と言うくらいの衝撃。

邦楽というより、まず100%世界的に活躍するであろうバンドなので、四の五の言わず聴きましょう。

sumika/ふっかつのじゅもん

神奈川県出身のおしゃれ4人組バンドです。

ライブは毎回ゲストを入れて行われ、音楽家以外にも 映像作家、写真家、絵描き、建築家、陶芸家、彫刻家、詩人… など様々な芸術家と共に作品を制作するという方針 (Wikipediaより)

というアーティスティックな集団で、バンドというよりパフォーマーという感じ。もちろん、バンドとしての実力も圧倒的です。

www.youtube.com

曲も結構華やかな印象を抱きますし、聴いたり観たりすると元気が貰える素敵なバンドです。

今どきの子が好きそうな要素が集まっているバンド。とりあえず「sumika好き」って言っておけば間違いないと思います。笑

パノラマパマナタウン/SHINKAICHI

2013年結成、2016年メジャーの4人組のオルタナバンド。ロッキン主催のコンテストで賞をとったり、早くから才能が認められていたバンドです。

www.youtube.com

ポップで今風なところもありつつ、どこか昔の雰囲気も持っていてちょっと中毒性があります。スネオヘアーをめちゃくちゃ明るくした感じ。(わかりにくいが。)

バランスが良くて、地に足がついていて、長く活躍してくれそうな実力派のバンドです。

ぼくのりりっくぼうよみ/sub/objective

すいませんバンドではなく、1998年生まれの超新世代ラッパーですが素晴らしいアーティストなので紹介させてください。

ニコ動で話題になり、その声を聴いた現事務所の社長が惚れこむ。一気にレーベルと契約、資生堂や映画とタイアップ。

信じられないようなシンデレラストーリーですが、それを可能とする独創的なリリックとメロディー。

名前を聞いてなんだこいつとこれまた敬遠しがちなジジイ発想を捨てて聴いたのですが、本当に凄すぎてびっくりしました。。

www.youtube.com

僕は普段ラップはそんなに聞かないので細かいことは書きませんが、とにかくかっこいいので聴きましょう。

#しかし、MVは流石に意味わからなすぎて全然ついていけなかった。。

普通にアウトプットするだけじゃ埋もれる時代。

スカートを除くそれぞれのバンドはだいたい90年代後半産まれの若手中心のメンバー。

聴けば聴くほどそれぞれのバンドが、

  • 胸のうちに静かに煮えたぎる想いを、
  • どこか冷静に、
  • 斜に構えながら、
  • 独自の切り口を見せつつ、

という感じでアウトプットしているような印象を受けました。

今って、昔と比べて普通にアウトプットしてるだけじゃ埋もれちゃうんですよね。その分クオリティも高めないといけないし、特徴がないといけない。 

蓄積する情報の中で生きていくのはなんとも不遇だなあと思いつつ、クオリティが上がるのはいいことに決まっているので、嘆かず若者達と一緒に遊んでいければと思います。

う、じじいくせぇ。。

次回若ツイもお楽しみに!我ながら若ツイ、ほんといい記事ですよね~。笑

んちゃ。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
にほんブログ村